6月のクリスマス~闇の中に光が来るとき オンライン講演会『道ありき』③結婚まで 

   三浦光世が堀田綾子をはじめて見舞ったのは1955年6月18日でした。この時のことは三浦綾子の自伝『道ありき』などで良く知られていますが、前年亡くなった恋人前川正に余りによく似た三浦光世の突然の訪問に、綾子は驚きました。以降7月3日、8月24日と光世は訪問しました。その間にも手紙はやり取りされているようですが、三度目の時に光世が「神様、わたしの命を堀田さんに上げてもよろしいですから、どうかなおしてあげてください」と祈ったことに綾子は深く感動しました。綾子は即日感謝の手紙(未発見)を書き送りました。翌25日に届いた手紙を読んだ光世は感動し、何度も読み返した後、翌26日に返事を書きました。数年前三浦家で発見された中で最も重要な手紙はこれです。
   手紙はこう書き出されます。

「堀田さん/余りにも美しいあなたのお便りに何とお返事申し上げてよいかわかりません。昨日三度そして今日又とり出して読みました。/御子を十字架につけてまで私達を救い愛して下さる神様は、こんなにも潔い交りの喜びを備えていて下さるのですね。(略)」

 綾子からの手紙を読んだ光世の鮮烈な驚きと感動が伝わってくるものです。
   今回のオンライン講演会では、この手紙など新しい資料も使いながら、三浦夫妻の出会いから結婚までをお話しします。

12月11日(土)14:00~15:30 ZOOM お申込みはshige_hiyo@cloud.com(日吉)