三浦綾子読書会紀要『綾果』2号

三浦綾子読書会紀要『綾果』2号が出来ました。
三浦綾子読書会の語り手養成講座受講生の講演原稿、研究発表会で発表された研究成果などを集めたもので、19年秋の創刊号に続き、2年ぶりの刊行となりました。まえがき、あとがき(まえがき、あとがきも魅力的な文章です)を除いて以下のようなタイトルの講演原稿、発表原稿、資料が収録されています。どれも、その人にしか語れない三浦綾子であり、三浦綾子と出会った人生の物語です。どの物語にも、その人自身の人生の光が輝きだす瞬間があります。そして、それは聴く人読む人をも豊かに満たし養ってくれる、分かち合われる美味な果実でもあります。
三浦綾子文学の真髄、三浦綾子読書会の本質がここにあります。

『氷点』を読んで解け始めた私の心
私の道ありき
『塩狩峠』「苦楽生死、均しく感謝」と言える人生に
『塩狩峠』あなたはどこまで愛を与えられるか
『塩狩峠』ある青年の愛と犠牲の物語
小説『塩狩峠』から射す光
『ひつじが丘』相手をゆるして生かす愛
『赤い帽子』冷たい眼、温かい目
『母』ー 居場所
『道ありき』の世界 ー 虚無の世界を抜け、使命に生きる
『積木の箱』祈ること、赦すこと、赦されること
それはチクッとする心の痛み ー 三浦綾子『青い棘』
苦楽生死、均しく感謝 ー『塩狩峠』

『道ありき』に見る三浦綾子の病気と文学
大館(秋田)のさんぽで感じる三浦綾子『母』
“一番大切だったもの”榎本保郎と三浦綾子、二人のアホウが照らす道
三浦綾子とその子分インターネットと綾子さんの子どもたち

語り手養成講座、講演原稿の構想についての指導例

A4版 198頁    定価700円       発行:三浦綾子読書会       送料 1~3冊:370円、4~5冊520円
お申込みは Eメール : shiokaripass@gmail.com(森下)まで。
お支払いは、送付時にお知らせします口座にお振込みいただきます。