朗読者決定!11月30日(土)の朗読会の準備を進めています。

11月30日(土曜日)の朗読会の準備を進めています。「試着室」「オムニ・バス」「万年青-多喜二の妻のひとりごと」の三作品を読む予定ですが、若い女性を主人公とする一人称小説「試着室」は、私の四女・森下望(もりした のぞみ)が読むことになりました。東京都内に住む大学2年生で、年齢だけは物語にピッタリです。中村啓子さんが読む「雪柳」の朗読をライブで三度も聴いたことで、読んでみたいという思いが与えられたのかも知れません。学校時代の国語の音読はともかく、朗読は全く初めて。中村啓子さんにも一度聴いていただいて、アドバイスをいただき、練習していますが、どこまで“朗読”になるか?作品共々、ご寛容な耳でお聴きいただけると感謝です。
あと二つの作品は、著者森下が朗読する予定です。


短編小説朗読会

万年青 ― 多喜二の妻のひとりごと」
試着室」
オムニ・バス」

 森下辰衛 朗読 森下辰衛  森下望

日 時 2019.11.30 sat  13:30-15:00
場 所 御茶ノ水キリストの教会 7F
入場無料ですが、金額自由の献金(カンパ)をお願いします。申込みは不要です。
お問い合わせ shiokaripass@gmail.com または 090-2058-5978(森下)