旭川G7 ④ 一円玉

   G4 一円玉

   ころころと、ころがったのは、一円玉ひとつだった。スーパーのレジに並んでいた私は、前の人の財布から、ポーンと一円玉がとび出して、床に落ち、ころころところがっていったのを見たのだった。私は使命感にかられてしまった。なんとしてでも自分が拾ってあげなくては、と思ったのだ。すぐに拾えるはずだった。さっと拾って「はい、どうぞ」と、手わたしてあげられるはずだった。
   ところが一円玉は倒れもせず、とまりもせず、ころがりつづけた。そしてついに、お菓子売り場のほうまで行ってしまった。
   「あれっ、待ってー」
   追いかけている私の先に、ひとりのジイが立っていた。
   「ほれ来た!」
   と小声で叫び、そのジイは、その一円玉をペタッと踏んだ。それから、ゆっくりと腰をまげ、一円玉を拾いあげ、私に向かって、うれしそうにほほ笑んだ。
   そこへ、一円玉の持ち主がすっとんできた。三十歳くらいの男性だった。私はとっさに、その人に場所をゆずった。
   「こちらの方のですよ」
   とジイに言うと、ジイははずかしそうに、一円玉をその男性に手わたした。
   もちろん、そのとき、その人はジイにお礼を言った。私もジイにお礼を言った。でも、なにかが足りないような気がしてならなかった。なんだろう。なにか足りない。たぶん、その一円玉を、私が受けとってあげたかったのだ。ジイの顔に、もっとゆっくりほほ笑んで、もっと丁寧に「ありがとう」と言いたかったのだ。でも、一円玉はめでたく持ち主のもとに返ったわけだし、まあ、これでいいではないか。そう自分に言いきかせ、店を出た。
   だが、家に帰ってからも、私はあのジイの笑顔が頭からはなれなかった。わしの出番があったのだ。わしにもできる、小さな親切があったのだ……。あんなにも、まぶしいくらいにかがやいていた、あの笑顔……。これからも、思いだすたび胸が熱くなるだろう。
   ナイスシュート、一円玉!
   ナイスキャッチ、おじいさん!!