旭川G7 ③ エチケット

   G3 エチケット

 近所にあるホームセンター、ホーマック。私はときどきそこに行く。平凡な日常生活がひろがる空間。いがいと好きな場所である。鍋やスリッパ、ふとんやカーテン、家電も、材木も、みんなある。ホーマックの中を歩いていると、いろんなアイデアが頭にうかんで楽しくなる。ちょっとした工夫ひとつで、うさぎ小屋も御殿になる。どうしても買う必要があるものなんてたいしてないのに、見ているだけで、どんどん時間がすぎていく。
   ところが、残念なことに、私はにおいに酔いやすい。ホーマックの中のゴム製品や塗料のせいだと思うのだが、滞在時間が15分を超えると、だんだん気持ちが悪くなってくる。調子にのって長居をすると、頭がくらくらして吐き気までしてくるから、口元を手でおさえ、あわてて店をとび出していくという結果になる。
   だから、そうなる前に、ちゃんと腕時計を見なければ……。ウルトラマンだって、3分間のカラータイマーが鳴りはじめたら、怪獣との戦いに適当にけりをつけ、さわやかに自分の星に帰っていくではないか。
   その日、私はホーマックに入ろうとしていた。ホーマックの入り口は二段階あって、どちらも自動扉だが、まず、第一の扉。そこを進むと、手の消毒液がおいてあり、自転車のかごやトイレットペーパーなどがおいてある。そこから五、六歩あるくと、こんどは第二の扉があって、そこから先が本格的な店である。
   その日、私は、ちょうど第一の扉を通過したところであった。そして私の前では、ひとりのジイが、第二の扉を通過して、店の中に入っていった……。ところがジイは、なにを思ったのか急に立ち止まり、すばやく体を回転させると、こんどはこちらに向かって歩きだした。そして、第二の扉の敷居をまたぐと、くるっと背中を店の外に向け、ブッ、ブブブッ……。屁をひった。ちょうど私はそこにいた。消毒液のすぐそばで、思わず口元をおさえた私であった。臭くはなかった。ただ、プッと笑いがこぼれてしまった。感心な人がいるものだ。なんというエチケット……。一方、ジイは、そんな私の感動には目もとめず、ささっと、さわやかな足どりで店の中に歩いていった……。出物腫れもの所きらわず。こらえきれずに、店の中でこっそりやっている人もいるだろう。なのに、わざわざ一歩出るなんて……。私には、とても真似できない。